私たちの毛周期

成長を終えた毛ですので、毛球部分と毛穴の結びつきが弱くなり、簡単に抜け落ちてしまいます。

休止期の毛は、後退期で抜け落ちた箇所が次に成長を始めるまで皮膚の下で活動を休んでいる数か月の期間のことです。

この場合、メラニン色素などの黒いものは確認されません。

その後、成長期として生えだした毛にメラニン色素が大量に含まれていて、ぐんぐん毛も伸びてきます。

そのため、ここで初めて脱毛をうけて効果が得られるのですね。

ちなみに成長期の毛が生えているのは、私たちの全ての毛根のうちの20パーセントから30パーセントの毛のみです。

残りの80パーセントから70パーセントは後退期や休止期の毛となっていて、お手入れできるのはわずか20パーセントから30パーセントだけとなっています。

そして、それをお手入れしても二か月から三か月たつと次の毛が生えてきてしまうという仕組みになっているのですね。

そのため、脱毛サロンやクリニックでのお手入れを数回重ねなければ効果が実感しにくいと言えるのです。