無駄毛の処理に迷う部位とは

家電量販店で購入できるものから、インターネット販売限定のものまで、驚くほどたくさんの家庭用脱毛器が販売されています。

女性向けだけでなく、男性が使えるものもあり、ムダ毛のお手入れはあたりまえになりましたね。

いつでも手軽にお手入れが出来ると根強い人気の家庭用脱毛器。

ワキや腕・脚はもちろん、最近では顔の産毛やVIラインの処理が出来るものまで登場しています。

でもこの家庭用脱毛器、脱毛しない方が良い部分はあるのでしょうか?

毛を引っ張って抜くタイプの脱毛器の場合、ワキ・腕・脚に使用が限定されているものが多いので、肌荒れや傷がある時期を避ければ、これらの箇所で問題が起こることは少ないでしょう。

そして、最近主流の光や湘南美容外科 口コミ ヒゲみなたいなレーザーを照射してムダ毛を処理する脱毛器。

これらは黒色に反応して光を照射するため、ホクロやシミ、色素沈着を起こしている箇所には使用できません。

具体的には肌の色が他より濃い場所です。

色素の濃い部位はやけどの恐れがあるので危険が大きいので避けた方が良いでしょう。